JP
フーコック島はどこにあるの?

フーコック島はどこにあるの?

フーコック島は、タイランド湾にあるアジアの真珠島と呼ばれるベトナムで最大の島です。ハーティエンから西に45km、カンボジアの南海岸から15kmの場所に位置しています。面積は574平方キロメートル、人口は約13万人で長さは約48kmあり、シンガポールと同じくらいのサイズです。

CNN選出 訪れるべきアジアの観光地ベスト9(2019年)

CNN選出 秋に訪れるアジア太平洋地域の目的地トップ5(2018年)

op Inspired選出 この夏訪れるべきアジアの美しいビーチベスト10(2018年)

View More

HOW TO GET HERE ?

経済特区に指定されているフーコック島は、外国人・外国のパスポートを保有するベトナム人共に30日間のビザ免除が認められています。渡航には、ベトナム入国時に復路のチケットを提示する必要があります。フーコック島の後に他のベトナム国内の地域へ行く場合、こちらからビザに関する情報をご確認ください。

空路での入島は最も便利な方法です。ベトナムエアライン、ジェットスターパシフィック、ベトジェットエア、バンブーエアラインの4つの主要な航空会社がベトナムの主要都市とフーコック島を繋ぐフライトを運航しています。

2017年からは多数の国際線も運航しています。フーコック島への国際線運航情報はこちら

海路でのフーコック島への入島は、別の角度からベトナムを探検することができます。所要時間は出発地によって異なり、ハーティエンの港からは1時間30分、ラックザーの港からは2時間30分です。(ホーチミン市からラックザーの港まではバスで約4〜5時間程です)

LOCAL TRANSPORT

フーコック島での移動はタクシーがおすすめです。タクシーの手配はゲスト・リレーションへお問い合わせください。フーコック島ではサスコ(Sasco)、マイリン(Mai Linh)、フーコックタクシーなどのメータータクシーも運行しております。レートの相場は、サリンダリゾートからユーンドン(Duong Dong)タウンまで(4km / 所要時間10分)で8万5000ドン程です。

サリンダリゾートでは、自転車のレンタルが可能です。サイクリングは新鮮な空気とフーコック島の自然を探検するのに最適で、舗装されていない道でのサイクリングも楽しむことができます。サイクリングには、フェイスマスクの着用と飲料水の携帯を推奨しています。フーコック島の海岸沿いはサイクリングに適した環境ですが、海岸沿いから離れると気温が上昇します。

フーコック島での自動車の運転はベトナムの運転免許証を保有している上、本籍地がフーコック島でないとできません。ドライバーやガイド付きの車をチャーターするのがおすすめです。サリンダリゾートでは、半日または1日のツアーの手配が可能です。価格は1日50ドル〜、車両の大きさや人数、走行距離やレンタル時間によって変動します。

警察の情報によると、在住者はベトナムで有効な国際免許またはベトナムの運転免許証を保有していれば車やバイクの運転は可能です。しかし、2007年からヘルメットを着用せずにバイクに乗車することは違法となっています。バイクをレンタルする際には必ずヘルメットを着用してください。

フーコック島で短い距離を移動する場合、最も簡単で早い手段はバイクタクシーです。フーコック島へ空路で入島した場合、空港で声をかけられることがあります。運賃は少し交渉するといいでしょう。

気候

気候

フーコック島は熱帯気候で年間を通して変動するため、到着前に天候を調べた方がいいでしょう。

ベストシーズンは、日中の気温が27〜31°C、夜は24〜26°Cになる10月下旬〜5月下旬で湿度は1年の中で最も低くなります。青い空が広がり、波は落ち着いています。3月〜4月は湿度が上がり、6月〜9月下旬までは雨が降ることがあります。

天気予報はこちら

THINGS TO DO

HEART OF THE ISLAND

いくつかの真珠養殖場は、フーコック島中心部の真珠センターによって補完されており、養殖場の多くは1つの複合施設に栽培用のプールと宝石店を構えています。真珠を採取する様子や、加工、装飾する様子を見ることができます。

フーコック島の特産品の1つであるローズマートルのフルーツワインは、カシスのお酒に似た味わいでほのかに甘いワインです。シンファームでは、蜂蜜やスイーツ、ジャムも製造しています。

フーコックの胡椒は島で栽培できる数少ない品種の1つです。胡椒農園はフーコック島中部から北部にかけて400ヘクタールの広さがあり、3種類の胡椒を栽培しています。すべての農園はユーンドン(Duong Dong)タウンから簡単にアクセスすることができます。

フーコック島はベトナム料理に欠かせない高品質なヌクマム(魚醤)の生産で有名で、島の経済に貢献する主要な産業となっています。いくつかのヌクマム工場は生産過程を見学できるよう一般公開されています。

フーコック島でディナーをするのに最適な場所の1つであるユーンドン(Duong Dong)のナイトマーケットは、スナックやお土産、アイスクリームやシーフード、グリル、ベジタリアンフードの屋台が軒を連ねています。質は店舗によって異なるので、目利きの地元の人に従うのがおすすめです。

「石のテーブル」を意味するダバンは、ユーンドン(Duong Dong)湖の近くに位置しています。小川は高い山脈から流れ、大きく平らな石の板を通り、互いに重なり合って上流に向かいます。渓流の両側は小さな滝のある森に囲まれており、涼しい場所となっています。

チャン渓流の入り口には古代中国の民話に登場するような人物の像が飾られた庭があります。敷地内は緩やかな小川や滝が流れており、歩道を歩いて滝を目指すのもいいでしょう。ベストシーズンは6月〜11月です。

 漁師村 ハムニンでは、自然風景や平和な地元漁師の生活を楽しみながら、地域の文化や海に網を投げ入れる様子を見て学ぶことができます。ワタリガニやタツノオトシゴが入ったお酒、貝殻で作られたお土産なども購入することができます。

NORTH OF THE ISLAND

ガンダウ(Ganh Dau)の5キロ手前に比較的簡単で快適なウォーキングトレイルがあります。日中の日差しを避け、トレイルを徒歩、またはバイクで移動するとフーコック島の自然が感じられます。森林には、マングローブや湿地、疎林地、沿岸植生、岩山に育つ森林など様々な景色を楽しむことができます。

ガンダウ(Ganh Dau)は、フーコック島の北西部に位置する小さな漁師村です。ヤシの木に囲まれたビーチは黄色の砂が広がり、海には大量のサンゴが見られます。

不安定な道路を通った先にあるラックベム(Rach Vem)ビーチでは、水上レストランで新鮮なシーフードを堪能でき、海ではカヤックやスノーケリング、地上からは行くことのできない離島へ行くことができます。

北東部の端にある浅く透き通ったラックベム(Rach Vem)のビーチでは、何百もの赤いヒトデを見ることができます。

サファリは500ヘクタールの広さがあり、半自然の環境で約3000種類の半野生動物が保護されています。パーク内では、トラムに乗車して動物を見て回ることができ、アニマルショーも開催されています。サファリはヴィンパールの一部で敷地内にはアミューズメントパークやウォーターパーク、ゴルフコースなどもあります。

コロナカジノは2階建て、1万8800平方メートルの広さを誇るカジノです。合計100台のゲーミングテーブル、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、シクボー(大小) 、ポーカーなど8種類のゲームをお楽しみいただけます。また、1000台のスロットマシン、1000台近くの電子ゲームマシンがあります。

SOUTH OF THE ISLAND

ホーコックパゴダは、東海岸沿いの海と山腹の間の美しい高台に位置し、太陽が昇る方向に面しています。パゴダには観音像、多数の仏像、新しい鐘楼があります。

サオビーチは白い砂浜と青い海、ココナッツの木がビーチに向かって生えていることで有名です。ローカルレストランも多数あり、新鮮なシーフードを堪能することができます。ジェットスキーやパラグライディングなどのビーチアクティビティも楽しめます。

アントイ諸島へはクルーズ船またはフィッシングツアーやダイビングの双胴船で行くことができます。フーコック島とパイナップル島を結ぶ世界最長の海上ケーブルカーではパノラマのオーシャンビューが楽しめます。